給料計算ソフトの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人事関連の業務支援ソフトとして欠かすことができないのが給料計算ソフトです。
規模が小さいのであれば会計ソフトに組み込まれている「給与計算機能」などでも対応できるかもしれませんが、基本的に5人以上の社員がいるのであれば給料計算ソフトの導入が効率的だといわれています。
しかし給料計算ソフトといっても実にさまざまな種類があり、契約社員やパート・アルバイトなどさまざまな雇用形態の社員が働いている企業向けなどに特化しているようなソフトも少なくありません。
また値段に関しても以前ではかなりの値段がしたものが現在では安く買うことができるようになっています。
さらに機能に関してもだいぶ改善がほどこされており、給与明細をメールなどの形で従業員に電子配布する機能を持つものや法令改正への対応をしてくれるものもあります。
では一体どのような基準で給料計算ソフトを選ぶと良いのでしょうか。
まずは企業規模に応じて目的・機能で選ぶことが重要になります。
規模の小さい企業では基本的機能だけの低価格帯製品で十分だといえるかもしれませんが、大規模になってくると人事情報や勤怠データなども増えてくるのでより高度な製品を選んだ方が効率はよくなるといえるでしょう。
さらに一般的な機能として必要なものとして挙げられるのが、年末調整の機能はあるかどうか、独自の計算式の登録はできるかなども重要になります。
さらに費用対効果というのも重要なポイントになります。
これはただソフトが安ければ良いというわけではなく、毎年のサポート契約費用なども考えるべきです。
給料計算ソフトのなかにはサポート契約への加入が製品価格と同じくらいの値段になるものもあります。
しかしコンサルタントがついているソフトは実際に使うとなるとさまざまな相談にのってもらうこともでき、導入にあたってはかなりオススメです。
給料計算ソフトといっても上記のようにかなりの種類があり、選択肢がありますので、よく選ぶと良いでしょう。
また注意しなければいけないのが給料計算ソフトを活用すれば良いというわけではなく、給与から差し引く保険料の金額を算出する際に必要となる「保険料率」などは改定が多いので、行政などからの情報をよくチェックしてそれらをとりいれていく必要があるでしょう。
中小企業ビジネスサイトなどの専門サイトなどを参考にするのも良いですが、ソフトだけに頼りっきりにならないようにする必要があります。

Copyright 2016法のプロが選ぶ会計ソフト All Rights Reserved.